社会福祉法人柏崎刈羽ミニコロニー|障害者支援施設・障害児入所施設|松波の里|松風の里|さざなみ学園|元気館障害者デイサービスセンター|新潟県|柏崎市

 

運営方針

 

運営方針

運営方針
 
1.基本理念
利用者の笑顔の絶えることない、明るい施設を目指す。
利用者がひとりの人間として充実した生活が送れるように、人権を尊重し、日常生活における環境と
生活の諸条件を整備し、能力や特性に応じた社会適応力を養い、一日も早い社会自立を期する。
2.運営の基本
(1)利用者主体の施設運営を行う。
(2)利用者一人一人のその有する能力に応じて、自立した日常生活と社会生活への適応力の増進を図る。
(3)職員は豊かな人間性と格調高い和を基盤として、常に科学的実践に基づき、熱意をもって支援にあたる。
(4)保護者・家族と協力し、家庭の延長としての施設づくりと運営にあたる。
(5)地域社会・関係機関・関係施設に協力を求め、地域に開かれた施設として、その充実を図る。
(5)施設の自然的・社会的諸条件を生かし、自主性・独創性・開拓性を追求しつつ施設の運営にあたる。

3.目   標
(1)利用者の情緒の安定のため温かい人間関係の確立と環境整備に努め、平等なサービスと支援を図る。
(2)利用者が社会生活に適応できるよう生活の支援の徹底を図る。
(3)利用者の作業能力の伸長と働く喜びの増進を図る。
(4)利用者の健康維持に努め、体力の向上と運動機能の増進を図る。
(5)職員は豊かな人間性を養い、よき社会人として広い視野をもち、常に反省と研鑽に努める。
(6)職員は常に意思の疎通を図り、実践をとおして専門職としての知識・技能の向上に励み、誇りを もって一貫した支援と施設運営にあたる。
(7)職員は利用者の立場にたって、常に笑顔をもって接し、愛情・寛容・公平に心がける。
(8)地域に開かれた施設を目指す新潟県のみにコロニー構想に基づいた設立当時の理念を大切にし、施設の運営にあたる。
(9)地域との連絡を密にし、地域の行事への積極的参加や地域に対する施設の開放等を通じて、施設に対する理解と協力を促進する。
4.倫理綱領

利用者支援の指針として、日本知的障害者福祉協会の「倫理綱領」を松風の里職員の規範とする。
 
 

倫理綱領

倫理綱領
 
前    文
知的障害のある人たちが、人間としての尊厳が守られ、豊かな人生を自己実現できるよう支援することが、
私たちの責務です。そのため、私たちは支援者のひとりとして、確固たる倫理観をもって、その専門的役割
を自覚し、自らの使命を果たさなければなりません。
ここに倫理綱領を定め、私たちの規範とします。

1.生命の尊厳
 私たちは、知的障害のある人たちの一人ひとりを、かけがえのない存在として大切にします。
2.個人の尊重
 私たちは、知的障害のある人たちの、ひとりの人間としての個性、主体性、可能性を尊びます。

3.人権の擁護
 私たちは、知的障害のある人たちに対する、いかなる差別、虐待、人権侵害も許さず、人としての権利を擁
護します。
4.社会への参加
 私たちは、知的障害のある人たちが、年齢、障害の状態などにかかわりなく、社会を構成する一員としての
市民生活が送れるよう支援します。

5.専門的な支援
 私たちは、自らの専門的役割と使命を自覚し、絶えず研鑽を重ね、知的障害のある人たちの一人ひとりが
豊かな生活を実感し、充実した人生が送れるよう支援し続けます。
qrcode.png
http://minicolony.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
022318
<<社会福祉法人柏崎刈羽ミニコロニー>> 〒945-0011 新潟県柏崎市松波四丁目8番18号 TEL:0257-22-2111 FAX:0257-22-2112